【ポケモンGO】ジムレベル10のポケモンの配置について教えるよ!

ジムレベル10に入った後のポケモンの配置は、そのまま、「何日間のあいだジムを防衛し続けることができるのか?」につながる重要なポイントになります。

今回は、ジムレベル10でのポケモンの配置のことを考えてみたいと思います。

目次

  1. ジムの配置のルール
  2. 個体値によるCPの差
  3. ジムの5階以上に配置して長期防衛を目指す
  4. 長期防衛に有利なポケモン
  5. 【参考資料】最大CPを2500以上にできるトレーナーレベル

1.ジムの配置のルール

まず一番大事なことは、

  • ジムの一番上の階には、そのジムにいる一番CPが高いポケモンが配置される
  • 10階以下、9階、8階、7階…と階数が下がるときの配置ルールは、『CPの高い順』
  • 新しいポケモンがジムに配置された時は、あらためて『CPの高い順』に並べ替えが行われる

というルールです。

「CPが上のポケモンほど上の階に配置される」、というルールは厳格で、CPが1でも違えばそこで階の上下が決まります

3.個体値によるCPの差

ここで思い出してほしいのが「個体値」のことです。

ジムでバトルをするときのCPとして考えると、個体値によるCP差はたいしたことではありません。

もちろん、個体値によるポケモンの性能差はたしかにつきますが、僅差です。
ジムバトルの勝ち負けだけでみれば個体値が気になる人もいるし、個体値のことは気にしないという人もいます。

しかし、ジムに配置をするときのCPとして考えると、個体値によるCP差は実に大きな違いを生み出します。

ジム戦では勝ち負けにたいして影響がでない個体値が、ジム配置では階の上下という決定的な勝ち負けを生み出すのです。

このことは、頭の片隅で覚えておきましょう。


個体値厳選に興味のある方は、こちらの記事に詳しくまとめてありますので、ぜひご一読ください。

【ポケモンGO】フーディンのサイコカッターに学ぶ個体値厳選問題
「個体値厳選」という言葉をよく聞くようになりましたが、実際、個体値厳選をする意味ってあるんでしょうか。個体値厳選をする意味と、個体値厳選をするときの基準について、フーディンのサイコカッターから考えてみたいと思います。

ジムの5階以上に配置して長期防衛を目指す

一度、ジムに手持ちの高CPポケモンを配置してしまえば、あとは運です。

ジム防衛ランキングの上位のポケモンが、防衛力の高い技構成でジムを守ってくれる…というのは、残念ながら幻想です。

たくさんの攻撃ポケモンを持っている、回避を得意とするトレーナーにかかればどんな強固なジムレベル10のジムもひとたまりもありません。

いわゆる「更地マン」と呼ばれるトレーナーは、高層ジムを見かけると、一気に「所属なし」となる白いジムにまで倒してしまいますが、全てのトレーナーが高層ジムを一気に壊してしまうわけではありません。

ジムレベルの高いジムほど、一回のトレーナーからの襲撃で更地になる確率は低くて、ジムレベル7~10を行ったりきたりする動きになりやすいのです。

そして、ポケストップの数が少ない田舎エリアのジムほど、周辺のトレーナーが「キズぐすり」や「げんきのかけら」といった回復系の道具を大量に手に入れにくいため、より敵トレーナーからの襲撃を受けにくいことになります。

なので、ジムレベルが高いほど、長期防衛につながるのです。

%e3%82%b8%e3%83%a0

ジムレベル7.8.9.10の高層ジムは、毎日敵トレーナーの攻撃を受けて、味方トレーナーのトレーニングで名声を回復する…というサイクルを繰り返しています。

ジムレベル10になったあとは、しばらく誰も手を出さないから一度でもジムレベル10に入れたら安泰! ということにはなりません。
ジムレベル10のポケモンは次々に入れ替わっているのです。

ジムレベル10の入れ替わりにはこのようなサイクルがあります。
なので、ジムレベル7.8.9.10の高層ジムにポケモンを配置する時は、「5階以上に配置されるCPのポケモン」を選びましょう。

もし、配置した段階で1階や2階に配置されるCPのポケモンしか手持ちがいないなら、そのジムはあなたの身の丈を超えたジムということになります。
せっかく苦労してトレーニングして、ジムレベルをレベルアップさせてポケモンを配置するのだから、なるべく長くジムにいられるようにジムを厳選しましょう。

長期防衛に有利なポケモン

ジムレベル10にポケモンを配置して長期防衛を狙う場合には、高いCPのポケモンほど有利!

「長期防衛に有利なポケモン」という点ではカイリューが頭ひとつ抜けていますが、カイリューだけを何匹も育成するのは大変です。

10個以上のジムにポケモンを配置して、毎日安定して「100ポケコイン、5,000ほしのすな」のボーナスをゲットすることが目標の場合は、トレーナーレベルを30レベル以上に上げて、カビゴン・サイドン・ギャラドス・シャワーズ・ラプラスなどの高CPポケモンのCPを3000CP前後に強化しましょう!

CPが2500以上のポケモンの数が増えると、ジム上層に長い間配置できる可能性がぐっとアップします。

cp2500%e3%82%ab%e3%83%93%e3%82%b4%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%bc

1ジム~3ジムを数日間防衛することが目的なら、トレーナーレベル23以上になれば個体値の良いカイリューのCPが2500を超えるので、防衛用カイリューを育成して長期防衛を狙ってみましょう。

住んでいるエリアの状況によっては、CP2000以上から長期防衛に入れるところもあるので、周辺のジムをチェックしてみてください!

2016年11月22日のCP調整以降は、CP3000以上でないとジムレベル10での長期防衛が厳しくなってきています。

お住まいのエリアによってジム事情は異なりますので、周辺のジムを確認して、トレーナーレベルとポケモンレベルを強化しましょう!

【参考資料】
最大CPを2500以上にできるトレーナーレベル

表では、トレーナーレベルがいくつあればCP2500を超えられるのかをまとめています。

ポケモン トレーナー
レベル
ポケモン
最大レベル
最低CP 最大CP
カイリュー

カイリュー

23 24.5 2199.25 2507.21
カビゴン

カビゴン

25 26.5 2215.54 2540.54
サイドン

サイドン

26 27.5 2266 2593.58
ギャラドス

ギャラドス

26 27.5 2250.21 2578.16
シャワーズ

シャワーズ

27 28.5 2236.7 2571.1
ラプラス

ラプラス

28 29.5 2176.39 2512.46
ゴローニャ

ゴローニャ

29 30.5 2180.36 2521.1
ナッシー

ナッシー

29 30.5 2179.36 2521.28

※最大CPは、「個体値100%のポケモン」の数値です。
※最低CPは、「個体値0%のポケモン」の数値です。

トップへ