【ポケモンGO】P-GO SEARCH(ピゴサ)がMagicalGO(マジカルGO)として復活!

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー
【2017年8月24日更新】

について追記しました。

MagicalGO(マジカルGO)

ピゴサが「MagicalGO(マジカルGO)-リアルタイムマップ」と名前を変えて復活!

2017年7月23日に閉鎖となった、ポケモンGOのサーチアプリ「P-GO SEARCH(ピゴサ)」。

【ポケモンGO】P-GO SEARCH(ピゴサ)が7月下旬で閉鎖。突然の発表に衝撃を受けるトレーナーも
ポケモンの居場所や個体値を教えてくれる「P-GO SEARCH(ピゴサ)」が7月下旬に閉鎖されることが発表されました。今回は、その発表内容をご紹介します。

そのピゴサが、「MagicalGO(マジカルGO)-リアルタイムマップ」として復活していることがわかりました。

カスタムアイコンファイルURLや、レイドバトルジムの表示・通知設定方法などをご紹介します。

「MagicalGO(マジカルGO)-リアルタイムマップ」のインストール方法

「MagicalGO(マジカルGO)-リアルタイムマップ」は、iPhoneだけでなく、Android向けのアプリもGoogle Playでインストールすることができます。

iOSアプリ版

iOSアプリ版(App Store)

MagicalGO(マジカルGO)

Androidアプリ版

Androidアプリ版(Google Play)

MagicalGO(マジカルGO)

PCサイト版

PCサイト版

MagicalGO(マジカルGO)

「MagicalGO」Twitterアカウントでは更新情報をチェックできます

「MagicalGO」のツイッターアカウントが開設され、2017年8月14日(月)より更新情報がツイートされています。

最新の更新情報をチェックすることができるので、利用する方はフォローしてみてはいかがでしょうか?

「MagicalGO」Twitterアカウントはこちらです。

P-GO カスタムアイコンが「MagicalGO」でも使えます

「MagicalGO」でも、著作権の関係でポケモンの画像や名前が表示されないようになっています。

何も設定をしないと、丸いビリヤード玉のようなアイコンに数字の番号が振られている状態でポケモンが表示されます。

MagicalGO(マジカルGO)

こちらでご紹介するカスタムファイルのURLを設定すれば、ポケモン名が表示され、お好きなアイコン画像でポケモンを表示させることができるので参考にしてみてくださいね。

カスタムアイコンファイルのURL(画像)

設定したいアイコン画像の「カスタムアイコンファイルのURL」をコピーして、「MagicalGO」の設定画面に貼り付けし、設定画面左上の「閉じる」をタップしてください。

「上記のURLをコピー」をタップすると簡単にコピーできます。

カスタムアイコンファイルのURL1(※第二世代金銀ポケモン対応:3Dモデル系)
http://pgo.xxxxxxxx.jp/@ID3@.png

上記のURLをコピー
カスタムアイコンファイルのURL2(※第二世代金銀ポケモン対応:かわいい系)
http://www.pkparaiso.com/imagenes/shuffle/sprites/@ID3@.png

02pgo

上記のURLをコピー
カスタムアイコンファイルのURL4(※第二世代金銀ポケモン対応:公式イラスト)
http://ja.pokemongopokedex.site/static/img/pks/@ID3@.png

上記のURLをコピー
カスタムアイコンファイルのURL5(※第二世代金銀ポケモン対応:ポケモンGO公式3D)
http://pgo.client.jp/3d/@ID3@.png

上記のURLをコピー

カスタム種類名ファイルのURL(ポケモン名)

上記のアイコンファイルと同じ手順で、「カスタム種類ファイルのURL」をコピーして、設定画面で貼り付けし、設定画面左上の「閉じる」をタップしてください。

カスタム種類名ファイルのURL(※第二世代金銀ポケモン対応)
http://pgo.xxxxxxxx.jp/name.txt

上記のURLをコピー

※コピーボタンでコピーできない場合は、URLをドラッグしてコピーしてください。
※URLを入力してあるのにポケモンの画像が変わらないという方は、URLが正しくコピーできていない可能性があります。お手数ですが、一度目視でご確認ください。

設定方法の詳細は、こちらの記事を参考にしてください。

【ポケモンGO】P-GO カスタムアイコンで検索して、アイコンや表示名の着せ替えの方法をお探しの方へ
金銀ポケモン対応版!ポケモンGOのリアルタイムマップツール「P-GO SEARCH(ピゴサ)」の、ポケモンのアイコン画像と名前の表示を直す方法をご紹介します。こちらでご紹介するカスタムファイルのURLを設定すれば、正しく表示させることができます。

レイドバトル中のジムの表示・通知設定方法について

マップでは出現中のポケモンだけでなく、レイドバトルが行われているジムを表示させることができ、レイドバトルの開始を知らせる通知の設定を行うこともできます。

※画像はiPhoneの場合の画面です。

レイドジムの表示設定方法

レイドバトル中のジムの表示設定は、画面左下の「設定」からできます。

ジムを表示

「表示設定」の「ジムを表示」がオン(オレンジ色)であれば、マップ上にジムが表示されます。

ジムのマークは赤、青、黄チームごとに色分けされていて、書いてある数字はジムの空きスロットが何匹分あるかを表しています。

画像の場合だと、現在このジムではレイドバトルは行われておらず、あと5匹のポケモンを配置することができます。

また、ジムをタップするとさらに詳しい情報を見ることができます。

レイドバトル中のジムのマークは、ボスポケモンのレベル別に色分けされた円の中に表示され、マークの上にはボスポケモンが表示されます。

表示されているボスポケモンの中でも、「もうこのポケモンのレイドバトルの表示は必要ない」というポケモンがいる場合は、「出現中モンスター非表示設定」で非表示に設定しておけばジムの上にそのポケモンは表示されません

例えば、伝説ポケモンの中でもファイヤーはもう必要ない場合、非表示に設定にすることで画像のような表示になり、ほかの必要なレイドジムがわかりやすくなります。

ジムフィルター

「ジムフィルター」をオンにすると、ジムの状態によってマップに表示するかしないかを選択できます。

例えば、伝説ポケモン(ボスレベル5)のレイドバトルが開催されているジムのみマップに表示したい場合は、「ジムフィルター」を「レベル5以上レイドのみ」にしておきます。

機能ショートカット

さらに、「機能ショートカットを表示」をオンにしておくと、マップ画面で簡単にジムの表示/非表示の切り替えができます。

レイドジムの通知設定方法

レイドバトル開始の通知は、マップ画面右下の「ベル」のマークからできます。

「オプション設定」を開き、「レイドバトル開始を通知」のところで通知を受け取りたいボスポケモンのレベルを選択します。

※通知設定で指定しているポケモンがレイドで出現したら通知されます。

レイド実施中ジムでの参加宣言・救援要請方法について

2017年8月23日、レイドバトルが行われているジムでの参加宣言や救援要請ができる機能が追加されました。

救援要請が出ているジムには、汗マークが表示されます。

magicalgoマジカルGO

ジムのアイコンをタップすると下記のように表示され、レイド通知を送った人数や閲覧人数を確認できるので、どれくらいの人数が参加しそうなのかの目安をチェックできます。

画面の下のほうには、参加宣言や救援要請の書き込みが新しい順に表示されます。

magicalgoマジカルGO

書き込みの部分をタップすると自分も、

  • 参加宣言「参加します」
  • 救援要請「助けてください」

とメッセージを投稿することができます。

magicalgoマジカルGO

参加したいレイドで人が集まっていないときは、参加宣言や救援要請を活用してみましょう。

「MagicalGO(マジカルGO)」のその他機能は?

アプリのインストール画面では、iOS向けでもAndroid向けでもこのように機能の説明が掲載されています。

主な機能

◆広い範囲の充実したデータ
◆消滅までの残り時間や所要時間の表示
◆個体値/保有技等の表示機能
◆出現履歴機能
◆ジムレイドの出現個体、実施スケジュール、レベル表示機能
◆ジムの場所や占有チーム、空き枠の表示機能
◆ストップの場所やルアー残り時間表示機能
◆ポケソース表示機能
◇プッシュ通知での出現速報、ジム速報、レイド速報
◇アイコンや種族名のカスタマイズ機能

  • フィルタリングやマーク機能
  • GPSで現在位置の表示
  • 出現情報のSNS共有
  • 地点やジムのお気に入り機能
  • キーワードからの地点ジャンプ機能
  • 全設定のクラウド保存と復元機能
  • クラウド経由でのリアルタイムな新機能の追加(アプリ更新不要)
  • 何度でも甦る

引用元 MagicalGO – リアルタイムマップ:iTunes

「何度でも甦る」とあるので、ピゴサが「MagicalGO(マジカルGO)」として甦ったことを表しているようですね。

以前のピゴサとほぼ同じ機能のままのですが、オートサーチ機能が完全には復活していないのか、主要都市以外だと出現ポケモンが表示されない地域もあるようです。

これから完全復活となるのでしょうか?
今後に期待しましょう。


現在のところP-GO SEARCHのツイッターなどでも何も告知はなく、製作者もピゴサと同一人物なのかもわからない状態ですが、以前のP-GO SEARCHがほぼ同様の機能で「MagicalGO(マジカルGO)-リアルタイムマップ」と名前を変えて復活しました。

ピゴサが閉鎖されてからは、「1秒マップ for ポケモンgo」も人気のツールとなっています。

【ポケモンGO】1秒マップ for ポケモンgoの使い方
人気急上昇!ポケモンの出現場所やジム・レイドの情報を表示してくれる「1秒マップ for ポケモンgo」の使い方をご紹介します。

ツールが必要な方は、使いやすいほうを使ってみてはいかがでしょうか?

「MagicalGO(マジカルGO)-リアルタイムマップ」のインストールはこちらからできます。

iOSアプリ版

Androidアプリ版

PC版

「MagicalGO」も「1秒マップ for ポケモンgo」も、ポケモンGO公式ツールではありません。
利用は自己責任でお願いいたします。
この記事に対するコメントはできません。
トップへ