【ポケモンGO】公式のサンダー伝説レイド対策おすすめポケモン

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

ポケモンGOサンダー対策おすすめポケモン

先日ポケマピでは、英語版ポケモン公式サイトに掲載されている、レイドバトル攻略方法の記事をご紹介しました。

【ポケモンGO】「レイドでハピナスとカビゴンは使わない方がいい」とポケモン公式がアドバイス
英語版ポケモン公式サイトに掲載されたポケモンGOレイドバトルの攻略方法に、「ハピナスとカビゴンはレイドに不向き」と書かれており、話題になっています!

その後ファイヤーが登場した際、英語版のポケモン公式サイトがファイヤーの攻略方法や対策ポケモンを公開していましたね。

【ポケモンGO】公式のファイヤー伝説レイド対策おすすめポケモン
英語版ポケモン公式サイトに、ファイヤーの攻略方法が紹介されています。対策ポケモンにはゴローニャ、オムスター、サンダース、カイリューなどが推されていますよ!

そして今回もサンダーの実装に伴い、サンダーとのレイドバトルの攻略方法と対策ポケモンが紹介されています。

こちらでは、その内容を日本語訳でお伝えしていきます!

こちらの情報はナイアンティックのポケモンGO公式ではなく、株式会社ポケモンによる英語版ポケモン公式サイトに掲載されている内容です。

ポケモンGOサンダーの攻略方法

新たな伝説ポケモンであるサンダーが、世界中のレイドバトルに出現し始めています!

【ポケモンGO】サンダーのおすすめ技構成!伝説級の活躍が期待できる最適わざまとめ
伝説の電気ポケモン、サンダーのオススメわざについてまとめました!電気タイプの中でも突出した実力を持つポケモンとなります!

以前に出現していたフリーザーやファイヤーと同様に、サンダーの出現も期間限定となっています。

8月14日(月)までにレイドバトルにチャレンジし、強力な電気ポケモン、サンダーをぜひゲットしましょう!

【ポケモンGO】伝説レイドは期間限定!? 公式からの発表は
伝説ポケモンがゲットできる伝説レイドバトルの期間はいつからいつまででなのでしょうか?伝説レイドパスが必要になるのかどうかも含めて、最新情報をお伝えします!

サンダーも捕まえるのがなかなか難しいポケモンなので、ここで攻略方法をお伝えしていきます。

もちろんサンダーも、レイドバトルで倒した後にもらえるプレミアボールでしか捕まえられません。

サンダーに与えたダメージ量が多いほどもらえるプレミアボールの数も多くなるので、バトルで活躍してくれるポケモンたちを用意しておくことが大切です。

自分のパーティの力を最大限引き出すためには、ポケモンGOでポケモンを強化する方法のページをチェックして、伝説の電気ポケモンにやられてしまわないように、攻略方法を叩き込んでおきましょう。

サンダー対策におすすめのポケモン

「ほのお」「ひこう」タイプのサンダーは、「こおり」「いわ」タイプに弱点を持ちますが、どちらも二重弱点ではありません。

サンダーの弱点タイプ

いわ
x1.4
こおり
x1.4

またサンダーは「じめん」タイプの技に耐性があるので、他の電気ポケモンに対して使っていた戦術はサンダーにはうまく機能しないという厄介な点があります。

サンダーの耐性タイプ

ひこう
x0.714
くさ
x0.714
じめん
x0.714
かくとう
x0.714
はがね
x0.714
むし
x0.714

「じめん」タイプのポケモンは、サンダーの「でんき」タイプの技の攻撃からのダメージを最小限に抑えることができ、「でんき」、「ドラゴン」、「くさ」タイプのポケモンも、ダメージを軽減することができます。

サンダーは「みず」タイプや「ひこう」タイプのポケモンに対して弱点を突き「効果はばつぐんだ!」にしてしまうので、慎重に攻撃ポケモンを選びましょう。

サンダーの「でんき」タイプの攻撃に耐性を持ち、且つ、サンダーの弱点を突けるタイプはありませんが、特に「いわ」「じめん」タイプのゴローニャが活躍してくれます。

ゴローニャ

ゴローニャ

ゴローニャの「いわ」タイプの攻撃はサンダーの弱点を突き、また「じめん」タイプでもあるので、サンダーの「でんき」タイプの攻撃からのダメージを軽減することができます。

サイドンも同様に「いわ」タイプと「じめん」タイプの持ち主ですが、「いわ」タイプのゲージ技「ストーンエッジ」を覚える一方で、「いわ」タイプの通常技を覚えないため、その分ダメージを与えにくくなります。

サイドン

サイドン

サイドンと同じく、バンギラスも通常技で「いわ」タイプの技を覚えず、さらに「でんき」タイプへの耐性がありません。

ただしバンギラスのステータスは桁外れに高いので、ゲージ技「ストーンエッジ」を覚えているバンギラスであれば、サンダー戦で活躍できるでしょう。

バンギラス

バンギラス

ほとんどの「じめん」タイプのポケモンは、あまりダメージを与えることができませんが、ここで見落としてはいけないのがイノムーの存在です。

イノムーは「じめん」タイプなので「でんき」タイプに耐性があるのでサンダーからのダメージを軽減できますし、イノムーのゲージ技が「こおり」タイプの「ゆきなだれ」であれば、サンダーに会心の一撃を与えることができます。

イノムー

イノムー

サンダーに大きくダメージを与えることができる他のポケモンは、自身も大きなダメージを受けることにはなりますが、時間内にレイドバトルに勝利するためには活躍させたいところです。

特にルージュラやフリーザーの「こおり」タイプの技、そして、プテラの「いわ」タイプの技はサンダーに対して壊滅的なダメージを与えられるので、倒されるまでの間にダメージを与えまくる要員として準備しておきましょう。

ルージュラ

ルージュラ

フリーザー

フリーザー

プテラ

プテラ

同じく伝説ポケモンのファイヤーを除いて、タイプ相性ナシでもサンダーに大きくダメージを与えることができるポケモンは、ゲンガー、フーディン、カイリュー、ブースターの順です。

ゲンガー

ゲンガー

フーディン

フーディン

カイリュー

カイリュー

ブースター

ブースター

しかし、このポケモンたちもサンダーの「でんき」タイプの攻撃に耐性を持ってはいません。

これらのポケモンはサンダーの技を頻繁に避けないと瞬殺されてしまうので、左右に「避ける」ことを忘れないようにして、できるだけ長くバトルの場にいられるようにしましょう。

サンダーをゲットするには…?

与えたダメージによっては、サンダーを倒したあとにもらえるプレミアボールが少なくなってしまうこともあるので、一球一球を大切に投げたいですよね。

他のレイドボスとの戦いでゲットできた「きんのズリのみ」を集めておいて、サンダーのゲットチャレンジのときに「きんのズリのみ」を使うのも良いでしょう!

サンダーの捕獲率が最も高くなるのは、ターゲットリングが一番小さいサイズになっているときです。

「グレートスロー」や「エクセレントスロー」を決めれば成功率は上がりますし、「カーブボール」を当てればさらに捕獲率がアップします。

【ポケモンGO】レイドバトルでボスポケモンを捕まえるコツ!威嚇が終わる直前にボールを投げよう
捕獲率が低く、たくさん動き回るので捕まえにくいレイドのボスポケモン。ボールを確実に命中させて、捕獲率を上げながら捕まえるコツと攻略方法を紹介します!

しかし、あくまでも自分のできる範囲でやるようにしましょう。

もし「エクセレントスロー」の「カーブボール」を確実に命中させられる自信がなければ、ターゲットリングから完全に外してしまうよりも、もっと簡単な投げ方で確実に当てることの方が懸命です。

ボールを投げたときにサンダーが動き回っていると、貴重なプレミアボールを無駄にしてしまうことがあります。

まずは、サンダーが威嚇を始め、ターゲットリングが消える前のを待ちます。

そしてターゲットリングが再び出たタイミングで、ボールを当てられるように投げましょう。

伝説ポケモンは捕獲するのがとても難しいので、もし初めてサンダーに勝ったゲットチャレンジで逃げられてしまっても、落ち込まないで下さい。

「まんたんのくすり」、「げんきのかたまり」や「きんのズリのみ」などの便利な道具をストックすることで、すぐに次のバトルにチャレンジする準備が整います。

しかし、サンダーは期間限定ポケモンなので、気長に待っていてはいけませんよ。

伝説ポケモンとの冒険、是非楽しんでくださいね!

ポケモンGO、その他ポケモンゲーム、ポケモンカードゲームなどの攻略方法について、こちらをチェックするのもお忘れなく!


出典 Pokémon GO Zapdos Tips | Pokemon.com


いかがでしたか?

海外のポケモン公式サイトの攻略情報では、サンダー対策にオススメなポケモンとして、ゴローニャ、サイドン、バンギラス、イノムーなどが挙げられていました。

2017年8月9日(水)現在、最後のプレミアボールでは伝説ポケモンが捕まえられないというバグが発生しているので、サンダーを捕まえる際には一球一球を大切に投げるようにしましょう。

ちなみにこちらのバグが修正されるまでの間、プレミアボールが一球多く貰えるようになっています。

伝説ポケモンのサンダーがレイドバトルで出現するのは、日本時間8月8日(火)~8月14日(月)までの期間限定となっています。

攻略情報を参考に、捕り逃さないようにチャレンジしてみてくださいね!

トップへ