【ポケモンGO】公式のファイヤー伝説レイド対策おすすめポケモン

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

ファイヤー対策オススメポケモン

先日ポケマピでは、英語版ポケモン公式サイトに掲載されている、レイドバトル攻略方法の記事を紹介しました。

【ポケモンGO】「レイドでハピナスとカビゴンは使わない方がいい」とポケモン公式がアドバイス
英語版ポケモン公式サイトに掲載されたポケモンGOレイドバトルの攻略方法に、「ハピナスとカビゴンはレイドに不向き」と書かれており、話題になっています!

さらにファイヤーの実装に伴い、公式サイトがファイヤーの伝説レイドの攻略方法と対策ポケモンを紹介しています!

こちらではその内容を、日本語訳でお伝えしますね。

こちらの情報はナイアンティックのポケモンGO公式ではなく、株式会社ポケモンによる英語版ポケモン公式サイトに掲載されている内容です。

ポケモンGOファイヤーの攻略方法

伝説ポケモンのファイヤーが世界中のレイドバトルに出現し始めています!

【ポケモンGO】ファイヤーのおすすめ技構成!伝説の炎タイプポケモンの最適わざまとめ
伝説ポケモン、ファイヤーのオススメわざについてまとめてみました!炎タイプのアタッカーとして、高い攻撃力を発揮できるポケモンとなりますよ!

しかし、ファイヤーの出現は期間限定となっています。

このチームヴァーラー(赤チーム)の伝説ポケモンがレイドボスとして登場するのは8月7日(月)までとなっているので、手遅れになる前にバトルに出発しましょう!

【ポケモンGO】伝説レイドは期間限定!? 公式からの発表は
伝説ポケモンがゲットできる伝説レイドバトルの期間はいつからいつまででなのでしょうか?伝説レイドパスが必要になるのかどうかも含めて、最新情報をお伝えします!

ファイヤーは捕まえるのが難しいポケモンなので、このページでは自分のコレクションにファイヤーを加えるための攻略方法を紹介したいと思います。

ファイヤーは、レイドバトルで倒した後にもらえるプレミアボールでしか捕まえられないので、ゲットするチャンスを最大限にするためにも、バトルで自分のポケモンを活躍させる必要があります。

自分のパーティの力を最大限引き出すためには、ポケモンGOでポケモンを強化する方法のページをチェックして、伝説の炎ポケモンに燃え尽くされてしまわないように、攻略方法を叩き込んでおきましょう。

ファイヤー対策におすすめのポケモン

「ほのお」「ひこう」タイプのファイヤーは、「でんき」「みず」タイプに弱く、また「いわ」タイプには特に弱いポケモンです。

ファイヤーの弱点タイプ

いわ
x1.96
みず
x1.4
でんき
x1.4

ファイヤーは「ほのお」タイプの技しか使用しないため、「いわ」「みず」タイプのポケモンの効果がさらに高まります。

「ほのお」「ドラゴン」タイプのポケモンは「ほのお」タイプの技に耐性がある、というのも特筆すべきポイントですね。

そのため、まずは「いわ」タイプのポケモンを使うことを意識して、次に「みず」タイプのポケモンで攻撃、それでもまだファイヤーの炎が鎮火できていなければ、「でんき」タイプのポケモンで最後の仕上げをしましょう。

「むし」「くさ」「こおり」「はがね」タイプのポケモンは、「ほのお」タイプの技を「こうかはばつぐんだ」で受けて瞬時に燃え尽くされてしまうので、ファイヤー戦では使わないようにしてください。

中でも特にゴローニャは、ファイヤーに攻撃を始める際、最適なポケモンです。

ゴローニャ

ゴローニャ

ゴローニャは「いわ」タイプの通常技を覚えることができる数少ない「いわ」タイプポケモンで、さらに各ステータスも堅固なので、ゴローニャを選ぶのが最も効率的です。

【ポケモンGO】ゴローニャのオススメ技構成!伝説ポケモンキラーとなる岩タイプの最適わざまとめ
ゴローニャのオススメわざについてまとめました!ゴローニャの持つ岩タイプの技は、多くの伝説ポケモン相手に突き刺さります!

バンギラスやサイドンもステータスは素晴らしいものの、「いわ」タイプの通常技を覚えないのが難点。

ウソッキーやマグカルゴは重要なことに通常技「いわおとし」を覚えますが、ゴローニャのような「いわ」タイプの覇者に比べると致命的にステータスが低くなっています。

「わざマシンスペシャル」を使って、手持ちの「いわ」タイプのポケモンに「いわ」タイプのゲージ技を覚えさせて、タイプ相性の利点を最大限引き出しましょう。

スターミー、オムスター、シャワーズ、オーダイルの4匹は、「みず」タイプのポケモンの中でも最も早くファイヤーの炎に水をかけて鎮火できるポケモンです。

スターミー

スターミー

シャワーズ

シャワーズ

オムスター

オムスター

オーダイル

オーダイル

「みず」タイプの最適技構成は「みずでっぽう/ハイドロポンプ」ですが、オムスターは「いわ」タイプの技を覚え、他の「みず」タイプポケモンよりも多くのダメージを与えることができるので、「いわ」タイプの技を優先するといいでしょう。

オムスターは、どちらも「ほのお」タイプに耐性のある「いわ」「みず」属性のおかげで、キングドラ、カブトプス、マグカルゴ同様に、ファイヤーから受けるダメージを軽減することができます。

一方、ポケモンGOには強力な「でんき」タイプのポケモンがあまり多くありませんが、サンダースは間違いなく大きなダメージを与えることが可能なポケモンです。

サンダース

サンダース

ただしサンダースやライチュウ、デンリュウなどの「でんき」ポケモンは、「ほのお」タイプに耐性がなくファイヤーのゲージ技でHPを大幅に削られてしまうので、注意が必要です。

また、「でんき」「はがね」タイプのレアコイルは実質的にファイヤーの攻撃に弱くなるため、絶対に使ってはいけません。

「ドラゴン」タイプのポケモンも同様に「ほのお」タイプの技に耐性があるので、「こうかはばつぐんだ」のダメージを与えられなくても、カイリューは非常に手堅い最後の手段として活躍するでしょう。

カイリュー

カイリュー

ファイヤーへのボールに燃え滾る熱意を込めよう

ファイヤーを倒した後に貰える「プレミアボール」は少ししか貰えないので、一球一球を大切に投げたくなるはずです。

他のレイドボスとの戦いで「きんのズリのみ」をストックしておいて、ファイヤー戦ではボールごとに「きんのズリのみ」を使いましょう!

ファイヤーをゲットする勝機が最も高くなるのは、ファイヤーの捕獲リングが一番小さいサイズになっている時です。

「グレートスロー」もしくは「エクセレントスロー」を決めれば成功率は上がりますし、「カーブボール」を投げればさらに確率が上昇します。

【ポケモンGO】レイドバトルでボスポケモンを捕まえるコツ!威嚇が終わる直前にボールを投げよう
捕獲率が低く、たくさん動き回るので捕まえにくいレイドのボスポケモン。ボールを確実に命中させて、捕獲率を上げながら捕まえるコツと攻略方法を紹介します!

しかし、あくまでも自分のできる範囲でやるようにしましょう。

もし「エクセレントスロー」の「カーブボール」を確実に命中させられる自信がなければ、ターゲットリングから完全に外してしまうよりも、もっと簡単な投げ方で確実に当てることの方が懸命です。

ボールを投げたときにターゲットが動き回ってしまうと、貴重なプレミアボールを無駄にすることになります。

ファイヤーが動きを止める瞬間が来たら、ターゲットリングが消える前にボールを確実に命中させましょう。

伝説ポケモンは捕獲するのがとても難しいので、もし初めてファイヤーに勝ったゲットチャレンジで逃げられてしまっても、落ち込まないで下さい。

「まんたんのくすり」、「げんきのかたまり」や「きんのズリのみ」などの便利な道具をストックすることで、すぐに次のバトルにチャレンジする準備が整います。

しかし、ファイヤーは期間限定ポケモンなので、気長に待っていてはいけませんよ。

伝説ポケモンとの冒険、是非楽しんでくださいね!

ポケモンGO、その他ポケモンゲーム、ポケモンカードゲームなどの攻略方法について、こちらをチェックするのもお忘れなく!


出典 Pokémon GO Moltres Tips | Pokemon.com


いかがでしたか?

海外のポケモン公式サイトの攻略情報では、ファイヤー対策にオススメなポケモンとして、ゴローニャ、オムスター、サンダースなどが挙げられていました。

プレミアボールの投げ方のアドバイスも、かなり実践的なアドバイスになっていますね。

(ナイアンティックのポケモンGO公式よりも、ポケモン公式の方が為になる情報を挙げてくれているような気が……。)

伝説ポケモンのファイヤーがレイドバトルで出現するのは、日本時間8月1日(火)~8月7日(月)までの期間限定となっています。

攻略情報を参考に、捕り逃さないようにチャレンジしてみてください!

トップへ