転職で年収アップをする方法は?給与交渉のタイミングや転職のポイントをまとめたよ

「リクルートエージェント」は、知名度No.1の最大手転職エージェント。業界最大級の求人を保有しており、その約90%が非公開求人です。大企業とのパイプも太く、能力の高いアドバイザーがそろっています。
リクルートエージェント公式サイト

転職で年収アップをする方法は?給与交渉のタイミングや転職のポイントをまとめたよ

この記事では、転職で年収アップをする方法についてご紹介します。

まず、一番大事なことですが、転職をすることと、年収がアップすることはイコールではありません(転職≠年収アップ)。

しかし、しっかりとした手順を踏めば、転職することによって年収をアップすることは非常に可能性が高い手段となります。

転職することで年収をアップするためには

転職することで年収をアップするためには、大前提として、

「あなたが転職先で、即戦力と見られる人材であること」
「あなたが転職先で、潜在能力をフルに発揮する可能性の高い人材であること」

の両方、もしくはいずれかに合致する必要があります。

高い報酬を支払ってでも来てほしい人材と判断されるか、されないか、という部分がポイントになります。

転職で年収アップするパターン:その1「同業他社への転職」

転職で年収アップするパターンの王道とも言えるのが、「同業他社への転職」です。

同じ業界でも、会社ごとに給与体系や社風は異なります。

慣れ親しんだ業界であれば、基本の部分が同じということは多いです。

例えば、飲食業界であれば、

  • 勤務時間帯
  • 労働体系
  • 休日の曜日
  • 業務内容

などの基本の部分は似通っています。

しかし所属する会社によって、給与体系は変化します。

例として、居酒屋「和民」等を国内外で展開する「ワタミ株式会社」とイタリアンレストラン「サイゼリヤ」を直営展開する「株式会社サイゼリヤ」を比較してみましょう。

平均年収を比べてみると、

  • 「ワタミ株式会社」…464万円
  • 「株式会社サイゼリヤ」…625万円
※2018年3月14日調べ

店舗の営業時間を確認すると、

  • 「和民 銀座5丁目店」…年中無休 17:00~翌日3:00(土曜及び祝休日の前日は5:00迄)
  • 「サイゼリヤ 銀座インズ店」…年中無休 11:00~23:15
※2018年3月14日調べ

という違いも確認できます。

店舗の営業時間は店舗それぞれと思われますが、上記の情報を確認しただけでも、同業他社間で、年収や労働体系に違いがあるということはお分かりいただけたのではないでしょうか。

東証一部上場企業の平均年収情報であれば、

「ヤフーファイナンス」>「企業ごとのページ」>「企業情報」>「平均年収」

の欄で、簡単に確認することができます。

非上場企業の情報を個人が確認することは困難ですが、転職エージェントなら企業ごとの年収に関する情報を持っていますので、転職エージェントに登録をして確認するのが簡単です。

大事なのは平均年収ではなく、あなた自身がもらう給与と生涯収入額

このとき大事になるのは平均年収ではなく、あなた自身がもらう給与と生涯収入の総額です。

平均年収が高くても、あなた自身がもらう給与が高いとは限りません。

また、無事に年収がアップする形で転職できたとしても、入社後の年収上昇曲線(=給与カーブ、賃金カーブ)次第では、生涯年収総額は下がってしまった…という残念な結果になることもあり得ます。

何度も転職するのは大変なので、転職して年収アップを狙う際には、あなた自身がもらうことになる給与総額と、転職後の年収上昇曲線の確認をしっかりと行いましょう。

面接の際に、このあたりを堂々と確認できる性格の人なら問題ありませんが、お金のことは遠慮がちになってしまう、という方も多いと思います。

そういう場合でも、転職エージェントと打ち合わせたり、転職エージェント経由で確認を取る形にすれば、あなた自身が困ることなく、希望が叶うことが多くなります。

転職で年収アップするパターン:その2「異業種への転職」

同業ではなく、異業種への転職を希望する場合は、年収アップについてパターンが分かれます。

異業種転職で年収がアップしやすいパターン

  • 営業職など、本人の持つ「モノを売るスキル」が共通して発揮できるケース
  • 業種は変わるものの、手持ちの資格が活かせるケース

異業種転職で年収がダウンしやすいパターン

  • 全くの未経験職種

異業種への転職は、これまでに培ってきたスキルや手持ちの資格がどう活きるかという点で、転職後の年収(=評価)が異なります。

例えば、NBAのバスケットボールスター選手であっても、野球のメジャーリーグで即レギュラーになれるか、というとそうではないことのほうが多いですよね。

ただし、身体能力の高さは疑いようもないわけで、期待感が実績につながれば、安定して活躍する一線級のレギュラー選手になることでしょう。

同様に、全くの未経験職種への挑戦だとしても、あなた自身の持ち前の能力の高さが存分に発揮された結果、転職先の既存メンバーの能力と同じか、それ以上の活躍をできるようになれば、一旦の収入ダウンがあったとしても、結果としてトータルプラス以上の年収アップを勝ち取ることができます。

異業種転職の注意点!「合う合わない」は必ずあります

前述のバスケットボール選手が野球選手に挑戦した例でも、バスケ選手としては一流でも、野球選手としては花が咲かない可能性はもちろんあります。

持っている能力の向き不向き、業務内容に対して合う合わないは必ずあるのです。

時間は有限なので、「やってみたい」という興味と、「あなたの能力と、業務内容とのマッチング」は冷静に分析をする必要があります。

異業種転職からの同業他社転職は熱い!

異業種転職は、一旦の年収ダウンの可能性がありますが、異業種に転職して一定以上の成果を出した後で、さらに収入アップが期待できる同業他社に転職するパターンは、非常に手堅く年収アップが期待できます。

戦力になることを証明できた後であれば、数年前のあなたでは難しかった憧れの企業に入る道が開けるかもしれません。

転職で年収アップするパターン:その3「給与交渉(年収交渉)」

転職で年収アップするパターンとして、企業側との「給与(給料、年収)交渉」が挙げられます。

これは、転職の特権ともいえるでしょう。

給与交渉はタイミングが重要!納得のいく理由も考えておこう

転職先での給与は、個人のスキルや経歴で決まります。

未経験の業界への転職でも、求職者に相当の魅力があり、将来性を買って年収を上げてくれることも稀にありますが、基本的には実力や実績重視です。

給与交渉では、自分を客観的に評価し、適正な金額を提示できるかどうかがポイントになってきます。

あまりにも高い金額を提示しても、「全く何を考えているんだ」と思われてしまうだけです。

そして、最も重要なのがタイミング

面接時でのタイミング

異業種転職の場合、面接時に給与について自分から言い出すのは避けた方が無難かもしれません。

しかし、給与交渉は自分の価値をアピールできる場でもあります。

自分の実力に自信があり、転職先の企業に貢献できると確信している場合は、給与面について強気で交渉してみるのもアリです。

ただし、企業側に採用の意志がある場合、面接の場で給与についての話があることが多いので、採用担当者から給与についての話が出るのを一旦待ってみるのもいいと思います。

もし何もなく面接が終わってしまうようであれば、「最後の質問」の際に聞くのがいいでしょう。

給与交渉の時期(タイミング)

そして、給与交渉の時期も重要です。

「面接時(選考中)」か「内定後」のどちらに給与交渉するのがいいか、と悩んでいる方もいるかもしれません。

でも迷わないでください、給与交渉をするなら「面接時(選考中)」です!

内定後の交渉はほぼ不可能と考えてください。

内定後に給与交渉をしようとしても、ほとんどの場合で「なぜ面接の時に言わなかったのか」となるのがオチです。


また、交渉する際には、相手が納得のいく理由を考えておきましょう。

「前の会社で500万円もらっていたので500万円がいいです。」
「とにかく前職よりも年収アップを希望します。」

こんな理由はもちろんダメですよ。

自分の希望水準に見合った理由を具体的に言えるようにしておいてくださいね。

また、希望年収を伝える時のポイントとしては、「額面」ではなく「パーセンテージ(%)」で伝えた方が控えめに聞こえます。

自分の中で最低ラインを決めておくことも大切なことです。

転職エージェントを通した給与交渉

しかし、そもそも自分で給料交渉をするなんて無理!実際どう交渉すればいいのかわからない!というのが本音ではないでしょうか?

そんな時は、転職エージェントに任せましょう。

面接時に自分からは言い出しにくい給与交渉ですが(採用担当者から給与について聞かれたとしても)、転職エージェントを利用すれば、担当者があなたに代わって企業側と交渉してくれます

これは転職エージェントを利用する大きなメリットですよね。

確実に希望額になるのかといったらそうではありませんが、あらかじめ担当者に希望年収を伝えておくことができます。

もちろん転職エージェントは転職希望者の味方なので、全力でサポートしてくれます。

まとめ:転職エージェントを使い倒そう

転職で年収アップする方法について、

  1. 同業他社への転職
  2. (1)異業種への転職
    (2)異業種への転職→成果を出し、戦力になれる証明をする→同業他社への転職
  3. 企業側との給与交渉

の3つのパターンをご紹介しました。

どの方法を取るにしても、転職サイトやインターネット情報で調べるだけでは情報収集が難しいです。

転職サイトやインターネット情報を自分自身で調べるのと同時に、複数の転職エージェントに登録をして、転職エージェントの協力を得ながら転職活動を進めると非常に効率的です。

転職サイトも転職エージェントも、1つに絞るのではなく、複数を同時に進行させることがコツです。

労力は最小限に、幅広く、様々な情報に触れることができるようになります。

転職エージェントの詳しい活用方法・選び方は、「失敗しない転職エージェントの選び方」でご紹介していますので、是非参考にしてみてください。

おすすめ転職エージェント

RECRUIT AGENT(リクルートエージェント)

リクルートエージェントは、知名度No.1の大手総合転職エージェントです。

約31万人を成功に導いた実績もある最大手のエージェントなので、転職を少しでも考えているなら、リクルートエージェントへの登録は外せません。

求人数・非公開求人数が多いのはもちろん、企業情報の提供や面接対策などのサポートが充実しています。

リクルートエージェントの特長

  • 業界最大級の非公開求人
  • 約90%が非公開求人で10万件以上の求人があります。

  • 実績豊富なアドバイザー
  • それぞれの業界に精通したアドバイザーが、あなたの希望に沿った求人を紹介してくれます。

  • 充実した転職サポート
  • 書類の添削や面接対策、企業情報の提供など、サポートが充実しています。

リクルートエージェント公式サイト

また、空き時間に自分で求人を検索できるリクナビNEXTにも登録しておくと、職探しの効率がUPしますよ。

自分で探せるだけでなく、匿名の「スカウト機能」もあるため、企業からのオファーを待つこともできます。

リクナビエージェントとあわせて登録しましょう。

リクナビNEXT新規会員登録

就職Shop

就職Shopは、リクルートが運営する若者向けの就職・転職サービス

リクルートが運営しているという安心感や信頼感が大きく、利用者は9.7万人を突破しています。

就職Shopの大きな特長は、「書類選考なし」で面接からスタートできることです。

あなたの強みをアピールし、人間性をしっかり見てもらいましょう。

利用者の9割は20代で、新卒・第二新卒のほかに、早期離職からリベンジしたい!という方もOKです。

店舗は東京・千葉・埼玉・神奈川・大阪・京都・神戸にあり、すべての店舗が駅から近いというメリットもあります。

就職Shopの特長

  • 書類選考なし
  • 書類選考なしで「面接」からスタートできます。

  • 未経験から正社員になれる
  • 就職成功者の4人に3人が正社員未経験です。

  • 全ての求人が訪問取材済み
  • 担当者が直接企業に訪問し、業務内容や職場の雰囲気などの情報を集めています。

就職Shop公式サイト

DODA(デューダ)

DODAは、リクルートエージェントに並ぶ大手の総合転職エージェント。

求人数が多いことが特長で、非公開求人には、DODAのサイトにも掲載されていないような特別な求人も多数あります。

また、キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当のプロ2人があなたを徹底サポートしてくれます。

年収査定やキャリアタイプ診断など、転職に役立つサービスも充実しています。

DODA(デューダ)の特長

  • スカウトサービス
  • 企業からオファーが届くサービス。書類選考がなく、必ず面接を受けられるオファーもあります。

  • 2人の担当者が徹底サポート
  • キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当のプロ2人体制であなたをサポートします。

  • 転職に役立つサービスが豊富
  • 年収査定やキャリアタイプ診断、合格診断など転職に役立つサービスが多数あります。

DODA公式サイト

PASONA CAREER(パソナキャリア)

パソナキャリアは、取引企業数が国内最大規模の転職エージェントです。

女性のキャリア形成を徹底的にサポートする体制が整っているのが特長。

キャリアアドバイザーの質が高く、転職者からは「親身になってくれる」と評判がいいです。

アドバイザーに対する満足度は96%と、業界最高水準を誇ります。

パソナキャリアの特長

  • 求人件数が多い
  • 25,000件以上の求人があります。

  • 取引実績企業
  • 取引実績は16,000社以上。常に多くの求人が寄せられています。

  • スカウトサービス
  • 名前や連絡先などの必須項目を登録するだけで希望・経歴に合う求人を紹介してくれます。

パソナキャリア公式サイト

WORKPORT(ワークポート)

ワークポートは、IT業界やゲーム業界の求人をメインとした業界特化型の転職エージェント

IT業界やゲーム業界など、エンジニア向けの求人を数多く取り扱っており、求人の約半数がIT関連の職種です。

IT業界は人材が不足しがちなため、ワークポートには未経験者OKの求人も多く寄せられています。

IT業界やゲーム業界に少しでも興味がある方は、是非登録してくださいね。

ワークポートの特長

  • 転職決定人数No.1
  • リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING~2017年度上半期~』で転職決定人数第1位を受賞。

  • 転職をサポートするオリジナルツール
  • 転職活動中の進捗が一目でわかる「e コンシェル」や面談予約システム・面談事前入力ツールがあります。

  • 充実した転職サポート
  • 面接・書類作成アドバイスや面接対策を受けたり、スピード証明写真を無料で利用できたりします。

ワークポート公式サイト

ハタラクティブ

ハタラクティブは、「未経験業界」を目指す人の支援に特化したエージェント

第二新卒をメインターゲットにしていますが、フリーターや派遣社員からの正社員採用を目指している方もOK!

社会人未経験者でも積極的に支援してくれる珍しいエージェントです。

担当者があなたの適職探しをしっかりサポートしてくれるので、向いている仕事がわからない人や自分に合う職業がわからない人でも大丈夫ですよ。

まずは相談してみましょう。

ハタラクティブの特長

  • 若年層に特化した転職支援サポート
  • 社会人経験ゼロでもOK!未経験歓迎の求人が常時1,500件以上あります。

  • アドバイザーがマンツーマンで対応
  • カウンセリングの実績は6万人以上。内定率は80.4%。

  • 厚労省の事業受託実績有
  • 「若者キャリア応援制度」受託事業者として認定(2014年度〜2016年度)。

ハタラクティブ公式サイト

type転職エージェント

typeの人材紹介

type転職エージェントは、首都圏の転職に特化した転職エージェント。

年収アップ率は業界最高水準で、71%の人が年収アップに成功しています。

おすすめの転職エージェントではありますが、残念なことに関東の一部(東京、神奈川、埼玉、千葉)の求人しか扱っていません。

関東特化とはいえ求人数はかなり多いので、条件に合う方は是非登録してみてください。

type転職エージェントの特長

  • 関東に特化
  • 東京、神奈川、埼玉、千葉の転職を支援。

  • 利用者の満足度が高い
  • リクナビNEXTのエージェントランキング「総合満足度第2位」を受賞。

  • 充実した転職サポート
  • 求人への応募や面接日程の調整などはキャリアアドバイザーが行ってくれます。

type転職エージェント公式サイト

関連記事

年収を上げる8つの方法!年収アップの秘訣や具体的な方法をご紹介
年収を上げる方法!具体的な8つの方法、年収アップの秘訣などをご紹介します。年収を増やしたい方は必見の内容です!
転職で絶対に後悔しないための5つのポイント!失敗パターンや対策を知って転職を成功させよう
転職で後悔しないための5つのポイントをご紹介します!失敗パターンや対策を知って転職を成功させましょう。
退職時の退職金は年金と一時金どちらで受け取ると損をしないのか?税金と社会保険料が鍵
退職金は「年金」と「一時金」のどちらで受け取ると損をしない?それぞれのメリット・デメリット、税金の計算方法をまとめました!
大企業のメリット・デメリットをそれぞれ7つご紹介!
大企業のメリット・デメリットをそれぞれ7つご紹介します!大企業への就職・転職希望者は必見ですよ。
扶養家族が知っておくべき103万円の壁、130万円の壁、150万円の壁について解説!知らないと損するかも?
扶養控除や配偶者控除の基礎知識や、103万円の壁、130万円の壁、150万円の壁について解説します!あなたのスタイルに合った働き方をしましょう。
退職のリスク、会社を辞めるリスクって何だろう?退職リスクを軽減する方法をご紹介
退職にはリスクが付き物。ではどうしたらリスクを減らすことができるのでしょうか?この記事では、退職リスクとリスク軽減方法をご紹介します!
30代既婚女性の正社員転職は厳しい?結婚・出産後も働くにはどうしたらいい?
30代既婚女性の転職は難しい?既婚女性の転職市場の現状や、既婚女性が転職を成功させるためのポイントをご紹介します。
自分に合う職業(仕事)が分からない…!適職を見つけるおすすめの方法
「自分に合う職業が分からない…」そんな方は必見です!適職を見つけるおすすめの方法をご紹介します。
「グッドポイント診断」で自分の長所を無料診断しよう!診断結果は全8568通り【リクナビNEXT】
無料の「グッドポイント診断」は当たる!自分の強みや性格を再確認・新発見できる良い機会ですよ。
会社を辞めたい新入社員必見!10個の辞める理由と辞めたその後の傾向特集
みなさんは、「仕事を辞めたい!」と思ったことはありますか?今回は、10個の辞める理由と辞めた後の傾向をまとめてみました。

関連記事一覧はこちら

トップへ