自分に合う職業(仕事)が分からない…!適職を見つけるおすすめの方法

自分に合う職業(仕事)が分からない…!適職を見つけるおすすめの方法

就職・転職活動中の方の中には、「自分に合う職業が分からない…」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

たしかに、世の中には数多くの職業があるため、どんな仕事が自分に合うのか分からない人のほうが実は多いのかもしれません。

調べて初めて知った!なんて職業もたくさんありますよね。

今回は、そんな数多く存在する職業の中から、「自分に合う職業=適職」を見つけるおすすめの方法をご紹介します!

適性検査や性格診断はあてにならないこともある

自分の性格や趣向を知るために適性検査性格診断などを受けて、どんな仕事が向いているのか調べようとしたことはありませんか?

適性検査や性格診断で自分の性格や向いている職業などを知ることができるわけですが、その結果は必ずしも合っているとは限りません。

もちろん適性検査や性格診断を否定するわけではありませんが、実際に検査や診断を受けた時の体調や気分、環境などにも大きく影響されるため、診断結果のみを信じて職種や業種を絞ってしまうのはもったいないです。

自ら視野を狭めて選択肢を減らしてしまう原因にもなります。

では、適職を見つけるにはどうしたら良いのでしょうか。

今からおすすめの方法をご紹介しますね。

自分に合う職業を見つける方法・手順

1.「自分がやりたくないこと・嫌なこと」をリスト化する

まずは、「自分がやりたくないこと・嫌なこと」をリスト化しましょう。

仕事を探すとき、多くの人が自然と「自分がやりたいこと」をリスト化しがちです。

しかし、おすすめは「自分がやりたくないこと・嫌なこと」をリスト化する方法

例えば、企業を探すとき

  • 業務内容
  • 休日の曜日
  • 残業の有無、量
  • 転勤の有無
  • 休日出勤の有無、急なシフト変更

などの項目を見ますよね。

このとき、「これだけは絶対に嫌!」という内容を具体的に書き出します。(※下記のリストはあくまで具体例です。)

【例】やりたくないこと・嫌なことリスト
  • シフト制
  • 残業がある
  • 転勤がある
  • 残業が月50時間以上
  • 通勤時間2時間以上

このようなリストを作ることで、リストの項目が含まれない企業であればOKまたは妥協できる企業ということになます。

もしリストにある項目が1つでも含まれる企業であるなら、その企業はあなたにとってのブラック企業と言えるでしょう。

リスト作成のポイントは「許容範囲」

リストを作るときのポイントは、「許容範囲」です。

労働条件や労働環境は、あなたの許容範囲の問題です。

例えば、残業が無い会社はほとんどありません。

では、どのくらいなら許容範囲なのか、ということ。

「残業なしがいい」ではなく、「月○時間を超えるのは嫌(月○時間までなら残業ありでもいい)」という考え方をしたほうが、選択肢は広がります。

しかし、「残業なし」が絶対条件であるなら、やりたくないこと・嫌なことリストに入れておきましょう。

新卒は目が曇りやすい

新卒の場合は、業界への憧れが強いため目が曇ってしまうことがあります。

「憧れや意欲でどうにかなると思ったけど想像以上にキツかった…」と、転職や辞職に至ることもよくあります。

業界への憧れが強いだけに、現実とのギャップに苦しむ人が多いのです。

しかし、業務内容や労働条件は初めからわかりきっていること

それらを承知の上でその企業を選んだわけです。

もしそのような理由で転職するとなると、あまり印象が良くありません。

憧れだけで失敗しないように、まずは自分のやりたくないことをリスト化して、自分にとっての条件を明確にしましょう。

2.転職エージェントに登録して担当者と面接する

次に、転職エージェントに登録して、担当者と面接(面談)をしましょう。

自分がやりたくないことリストを作成したら、次は転職エージェントに3社くらい登録して、担当者との面接を受けてみましょう。

担当者(第三者)の客観的な意見により、自分自身の商品価値がどの程度なのかを知ることができます。

また、担当者と一緒に、自分のできることやできそうなことの「掘り起こし」をすることで、自分では気が付かなかった面や向いている職業を発見できることもあります。

また、転職エージェントに登録すれば、担当者があなたに代わって求人を探して紹介してくれるので、在職中であっても企業探しに時間を割くことはありません。

3.自分のリストと転職先候補を照合する

最後に、「やりたくないことリスト」と転職先候補を照合しましょう。

最後に、「やりたくないこと・嫌なことリスト」と、転職エージェントで紹介してもった転職先候補を照合します。

照らし合わせて消去法で残った企業が、「自分に合う仕事=適職」の可能性が高いです。

たとえ興味がないような企業が残ったとしても、条件的にはあなたにマッチしているので、除外するのではなく一度検討してみるのがいいと思います。

自分でピンと来なくても、実はその仕事が合っているかもしれませんよ。

適職探しは「やりたくないことリスト×転職エージェント」がおすすめ

ご紹介した通り、

  1. 自分のやりたくないこと・嫌なことをリスト化し、
  2. 転職エージェントを利用して求人を紹介してもらい、
  3. それらを照らし合わせる

ことが、自分に合う職業=適職を見つけるおすすめの方法です。

1人であれこれ悩むより手っ取り早いです。

プロの目から見たあなたの商品価値や客観的な意見を知ることで、新たな道が開けるかもしれません。

自分にはどんな仕事が向いているのか、どんな素質があるのかなどを知りたい方は、転職エージェントを利用して確かめましょう。

転職エージェントの登録が多いほど選択肢は増える!複数登録は鉄則

転職を考えている場合、複数のエージェントに登録するのは鉄則です!

理由は簡単、登録数が多ければ多いほど担当者が増え、必然的に紹介してもらえる求人数も増えるからです。

エージェントごとに特徴があるのはもちろん、担当者のスキルや性格もそれぞれ異なります。

先ほど、転職エージェント3社くらいに登録して面接しましょう、と言いましたが、3社というのはあくまで最低ラインだと思ってください。

転職したいけど適職がわからないという方は、面倒に思わずにできるだけ多くのエージェントに登録しましょう。

おすすめ転職エージェント

RECRUIT AGENT(リクルートエージェント)

リクルートエージェントは、知名度No.1の転職エージェント!

転職を少しでも考えているなら、リクルートエージェントには必ず登録してくださいね。

求人数が多いのはもちろん、企業情報の提供や面接対策などのサポートが充実しています。

リクルートエージェントの特長

  • 業界最大級の非公開求人
  • 約90%が非公開求人で10万件以上の求人があります。

  • 実績豊富なアドバイザー
  • それぞれの業界に精通したアドバイザーが、あなたの希望に沿った求人を紹介してくれます。

  • 充実した転職サポート
  • 書類の添削や面接対策、企業情報の提供など、サポートが充実しています。

リクルートエージェント公式サイト

また、空き時間に自分で求人を探すことのできるリクナビNEXTも登録しておくと効率的です。

リクナビエージェントとあわせて登録しましょう。

リクナビNEXT新規会員登録

DODA(デューダ)

DODAは、リクルートエージェントと並ぶ有名転職エージェント。

求人数が多いことが特長で、一般公開すると応募殺到が予想されるような求人や、極秘ポジションの求人なども多数含まれています。

スカウトサービスや年収査定、キャリアタイプ診断など様々なサービスがあります。

DODA(デューダ)の特長

  • スカウトサービス
  • 企業からオファーが届くサービス。書類選考がなく、必ず面接を受けられるオファーもあります。

  • 2人の担当者が徹底サポート
  • キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当のプロ2人体制であなたをサポートします。

  • 転職に役立つサービスが豊富
  • 年収査定やキャリアタイプ診断、合格診断など転職に役立つサービスが多数あります。

DODA公式サイト

PASONA CAREER(パソナキャリア)

パソナキャリアは、多くの利用者の年収アップを成功させているエージェント。

職務経歴書の書き方のアドバイスから年収交渉まで、あなたの担当者が一連の転職活動をサポートしてくれます。

年収を上げたい方はもちろんですが、自分の視野を広げたい方にもオススメです。

パソナキャリアの特長

  • 求人件数が多い
  • 25,000件以上の求人があります。

  • 取引実績企業
  • 取引実績は16,000社以上。常に多くの求人が寄せられています。

  • スカウトサービス
  • 名前や連絡先などの必須項目を登録するだけで希望・経歴に合う求人を紹介してくれます。

パソナキャリア公式サイト

WORKPORT(ワークポート)

ワークポートは、転職決定人数No.1の転職エージェントです。

IT業界やゲーム業界をはじめとしたエンジニア向けの求人を数多く取り扱っています。

もちろん他にも、営業や事務、メーカー、販売などの求人もあり、幅広い業界に対応しています。

ワークポートの特長

  • 転職決定人数No.1
  • リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING~2017年度上半期~』で転職決定人数第1位を受賞。

  • 転職をサポートするオリジナルツール
  • 転職活動中の進捗が一目でわかる「e コンシェル」や面談予約システム・面談事前入力ツールがあります。

  • 充実した転職サポート
  • 面接・書類作成アドバイスや面接対策を受けたり、スピード証明写真を無料で利用できたりします。

ワークポート公式サイト

ハタラクティブ

ハタラクティブは、「正社員未経験から正社員就職」の支援に特化したエージェント

フリーターや派遣社員から正社員採用を目指している方は登録必須です。

やりたい事がない人や向いている仕事がわからない人でも大丈夫!

担当者があなたの適職探しをしっかりサポートしてくれます。

ハタラクティブの特長

  • 若年層に特化した転職支援サポート
  • 社会人経験ゼロでもOK!未経験歓迎の求人が常時1,500件以上あります。

  • アドバイザーがマンツーマンで対応
  • カウンセリングの実績は6万人以上。内定率は80.4%。

  • 厚労省の事業受託実績有
  • 「若者キャリア応援制度」受託事業者として認定(2014年度〜2016年度)。

ハタラクティブ公式サイト

type転職エージェント

typeの人材紹介

type転職エージェントは、関東に特化した転職エージェント。

71%の人が年収アップに成功しており、利用者の満足度が高いのも特長です。

関東の一部(東京、神奈川、埼玉、千葉)の求人を扱っているので、これらの地域の転職をお考えの方にはかなりオススメですよ。

type転職エージェントの特長

  • 関東に特化
  • 東京、神奈川、埼玉、千葉の転職を支援。

  • 利用者の満足度が高い
  • リクナビNEXTのエージェントランキング「総合満足度第2位」を受賞。

  • 充実した転職サポート
  • 求人への応募や面接日程の調整などはキャリアアドバイザーが行ってくれます。

type転職エージェント公式サイト

関連記事

退職時の退職金は年金と一時金どちらで受け取ると損をしないのか?税金と社会保険料が鍵
退職金は「年金」と「一時金」のどちらで受け取ると損をしない?それぞれのメリット・デメリット、税金の計算方法をまとめました!
有給取れない…休日出勤や残業も多い。有給が取りやすい会社で働くためにはどうしたらいい?
有給が取れなくて悩んでいる方はいませんか?この記事では、有給が取りやすい会社で働くためにはどうしたらいいのかをご紹介しています!
失業保険を早くもらう方法!自己都合でも会社都合と同じように3ヶ月待たずにもらえる方法とは
自己都合で会社を辞めたら3ヶ月待たないといけない?そんなことはありません!この記事では、失業保険を早くもらう方法をご紹介します!
自分に合う職業(仕事)が分からない…!適職を見つけるおすすめの方法
「自分に合う職業が分からない…」そんな方は必見です!適職を見つけるおすすめの方法をご紹介します。
転職で年収アップをする方法は?給与交渉のタイミングや転職のポイントをまとめたよ
年収を上げるために転職しようと考えている方必見!転職で年収アップする方法を、転職のパターン別にまとめました!
転職の面接で落ちるのはなぜ?10個の対策で面接を有利にしよう
なぜ落ちる?転職の面接で落ちる理由と面接対策をご紹介します。10個の対策で面接を有利にしましょう!
転職は逃げなのか?逃げじゃないのか?逃げ転職を成功させる方法とコツ
転職は「逃げ」なのか「逃げじゃない」のか。今回は、転職への意識や転職を成功させるための方法をご紹介します。
会社の電話に出たくない…!具体的な克服方法・解決方法を教えるよ
「会社の電話に出たくない…」と感じている方はいませんか?この記事では、電話に出ることが辛い時の克服方法、解決方法をご紹介します。
失敗しない転職のために20の質問を人事にインタビューしたよ!転職初心者は必見!
転職初心者必見!転職の悩みや疑問を人事担当者に直接インタビューしました!転職活動を始める前に知っておくといいことが盛りだくさんですよ。
大企業のメリット・デメリットをそれぞれ7つご紹介!
大企業のメリット・デメリットをそれぞれ7つご紹介します!大企業への就職・転職希望者は必見ですよ。

関連記事一覧はこちら

トップへ