失敗しない転職のために20の質問を人事にインタビューしたよ!転職初心者は必見!

転職

「リクルートエージェント」は、知名度No.1の最大手転職エージェント。業界最大級の求人を保有しており、その約90%が非公開求人です。大企業とのパイプも太く、能力の高いアドバイザーがそろっています。
リクルートエージェント公式サイト

目次

転職初心者必見!転職の悩みや疑問を人事にインタビューしたよ!

みなさんは転職に興味がありますか?

この記事に辿り着いたということは、きっと現時点で少なからず転職に興味を持っているはず。

特に、初めての転職を考えている方は、わからないことだらけで不安でいっぱいですよね。

今回は、そんな転職初心者のみなさんの疑問や悩みを解決すべく、面接経験豊富な某企業の人事(採用担当)にインタビューしてきました!

みなさんが気になっている質問を、筆者である私が人事担当者に直接聞いてきましたので、是非参考にしてみてください。

企業側の声を聞くことで、転職への考え方や取り組み方が変わるかもしれませんよ。

※今回は、匿名を条件に、人事担当者の方にはかなり踏み込んで本音で回答していただく約束でインタビューを進めました。
人事の本音を知りたいあなたにとって、必見の内容となっています。

※今回の記事は、インタビューに回答していただいた人事担当者の方の個人的感想もそのまま掲載しています。
ご意見が違う方もいらっしゃると思いますが、人事担当者の方の本音(個人感想)ということでお読みください。

※情報として誤りがある場合は修正いたしますので、皆様がお読みいただいてお気づきの点がありましたら、ぜひお教えください。

転職に関する20のQ&A

1.転職にリスクは付き物?

筆者
転職ってリスクはありますか?

人事
はっきり言うと、人それぞれです。

「転職」と聞くと、どうしても「リスク」という言葉と結び付いてしまう…そんな方もいるかもしれません。

しかし、転職のリスクというのは人それぞれです。

というより、事前の準備や取り組みによって大きく変わってくるといえるでしょう。

転職エージェントや転職サイトを利用して企業分析を行ったり、自己分析をしっかり行いビジョンを明確にしたりすることで、転職の失敗リスクは減らすことができます。

自分自身でできるだけリスクを減らすことが重要ですよ。

「退職のリスク、会社を辞めるリスクって何だろう?退職リスクを軽減する方法をご紹介」も、是非参考にしてみてください。

2.転職活動は在職中がいい?それとも退職後がいい?

筆者
転職活動は在職中がいいですか?それとも退職後がいいですか?

人事
おすすめは、在職中です。

在職中に転職活動を行うことで、現職の退職から転職先の入社までの期間が短くなります。

現職でお給料をもらいつつ転職活動を進めることで、求職者側の経済的負担が減ります。

ただし、病気(心身ともに)になりそうなほど現職の環境に苦しんでいる場合は、ただちに辞めるべきです。

自分が壊れてしまったら元も子もありませんからね。

しかし、中には今の仕事が忙しくて転職活動をしている場合じゃない、という方もいるかもしれません。

もしそのような状況であれば、転職エージェントを利用しましょう。

登録すれば、アドバイザー(担当者)があなたに見合った求人を探してくれますよ。

しかも、手厚いサポート体制にも関わらず、全て無料で利用できるのも転職エージェントの魅力の一つです。

3.家族に理解してもらえない場合は?

筆者
転職について家族に理解してもらえない場合はどうしたらいいですか?

人事
ご家族に対して転職リスクの理解が得られないということは、それは「実際にリスクがある転職」だということです。
まずはリスクを減らす努力をしましょう。

まずは、リスクを減らす設定を組み込み、説得力のある状況をつくることが第一です。

転職エージェントに登録をした後に、エージェントから得られる様々な情報(仕事内容、職場環境、年収、福利厚生など)、転職サイトで得られる転職したい先の企業情報を、家族と一緒になって検討しましょう。

客観的な、データに基づいた評価を家族と一緒になって検討することで、今の就職先よりも条件が良く、リスクが低いことがわかれば、転職に賛成してもらえると思いますよ。

4.就職活動と転職活動の違いは?

筆者
就職活動と転職活動の違いは何ですか?

人事
シンプルに言うなら、
就職活動:「憧れ優先」「学歴重視」
転職活動:「実益優先」「職歴重視」

です。

転職活動を考えている方の多くは、就職活動の経験があるはず。

そして、2つの活動は“軸が違う”ことが多いです。

就活の時のようなキラキラした仕事への憧れよりも、実益を重視するのが転職活動です。

また、就職してからの時間が経てば経つ程、企業側があなたを評価する基準が「学歴<職歴」になるのも特徴です。

新卒が「学歴偏重」と言われるのはしょうがないことなんです。

「職歴がゼロ」な以上、当然「学歴>職歴」になりますからね。

5.転職に適した時期は?

筆者
転職に適した時期ってあるんですか?

人事
これはですね、個人の事情や業界によります。

一般的には、夏のボーナスをもらって辞める(7月退社)、冬のボーナスをもらって辞める(12月退社)ことが多いため、そこの欠員をめがけた動きが好ましいです。

ただし、心身ともに病む寸前、スキルアップのために早く転職したいなど、何か事情がある場合は自分のタイミングで転職すればいいと思います。

6.畑違いの転職をしたい

筆者
畑違いの転職をしたいのですが、できますか?

人事
できます。

最近では未経験OKのところも多いですし、できないことはありませんよ。

もし、経験者しか応募ができないところに入りたい場合は、未経験OKの同一業界にひとまず転職して、3年くらいの経験を積みましょう。

そして、「経験者」という資格を得た上で再度転職をする、という選択肢もあります。

7.転職する時、地域差はある?

筆者
転職する時、地域差はありますか?

人事
地域差は、絶対的にあります
仕事ができない人、学歴職歴が不足している人ほど、東京に出るべきです。

理由は簡単、東京と地方とでは最低時給が大幅に異なるからです。

東京都は958円(平成29年10月1日より)であるのに対し、例えば長崎県は737円(平成29年10月6日より)。

時給の差は歴然ですよね。

同じ業種に就いても、1.5~2倍以上の月給差が出るということもザラです。

学歴は高くないけど「とにかく稼ぎたい!」という方は、思い切って東京へ行くのも一つの手ですよ。

8.転職したいけど貯金がゼロ…

筆者
転職したいのですが、先立つモノがありません。貯金・資金がゼロです…

人事
その場合は転職先が決まる前に現職を辞めちゃダメ!

転職活動中、生活するお金がない場合は、現職は辞めずに転職活動しましょう。

自己都合退社だと、失業保険もすぐにはもらえないことがあります。

失業保険を早くもらいたい場合は、「失業保険を早くもらう方法!自己都合でも会社都合と同じように3ヶ月待たずにもらえる方法とは」の記事を参考にしてみてください。

9.転職回数が多い・ブランクがあるけど大丈夫?

筆者
転職回数が多い場合やブランクがある場合でも大丈夫ですか?

人事
大丈夫です、どうにかなります。

もちろん企業の中には、転職回数やブランクを気にする企業もあるでしょう。

しかし、今までの転職理由やブランク期間に何をしていたかによっては受け入れてくれる企業もあります。

転職回数なんて気にしない企業もたくさんあります。

転職回数やブランクがどうであれ、あなたを求めている企業と出会えばいいだけです。

10.ブラック企業の見分け方は?

筆者
ブラック企業の見分け方はありますか?

人事
あなたが、何をもって「ブラック」と感じるかが基準になります。

まずここをハッキリさせる必要があります。

あなたにとって、嫌なこと、都合の悪いことを強要される会社は、ブラック企業となります。

この基準をハッキリさせるためにやってほしいことは、リストを構築すること。

自分の転職の軸として、「こうなりたい」というリストよりも、「これだけは嫌だ」というリストを構築しましょう。

【例】やりたくないこと・嫌なことリスト
  • シフト制
  • 残業がある
  • 転勤がある
  • 残業が月50時間以上
  • 通勤時間2時間以上

「嫌なこと=その項目が含まれていたら絶対に転職したくない」という項目をリストアップすることで、それに当てはまらない企業があなたにとってのホワイト企業になるわけです。

11.転職する時、現職をどう辞めたらいい?

筆者
転職する時、現職をどう辞めたらいいですか?

人事
何も気にせず辞めたらいいです。

民法上、2週間前に言えば合法的に辞めることができます。

退職願も不要です。

内容証明郵便などで送付すればOK。

何か不安なことがあれば、ハローワークに相談もできます。

ただし、ご自身の雇用契約が「完全月給制(欠勤しても減給されないタイプの月給制)」の場合は、事前に「1ヶ月分の所定時間の労働を、会社と約束している」ということになりますから、この場合に限り、2週間前というのは通用しません。

ほとんどの月給制は、欠勤すると減給になるタイプ(=日給月給制)ですから、ほとんどの方が2週間前に言えば辞めることができる人に該当すると思います。

筆者
上手く辞めるコツってありますか?

人事
円満に退社したいなら、まず直属の上司に相談!

大事にしたくない場合や円満退社希望の場合は、まずは直属の上司に相談することをおすすめします。

もし仮に辞めさせてくれないなどの問題が起きた場合は、以下の行動をとってみてください。

  • 大企業(支社がある)の場合→本社に言う
  • 中小企業の場合→労働基準監督署に「労働相談」をする

12.面接が苦手…

筆者
面接が苦手です…どうしたら良いでしょうか?

人事
実践あるのみ!
実戦形式で練習するのが一番です。

こればかりはテキストで勉強したところで上達するものではありません。

とにかく、面接を受けて慣れること

しかし、中にはどうしても面接が苦手な方もいると思います。

そんな方は、転職エージェントを利用しましょう。

そもそも、人にモノを伝えることが苦手だからといって、戦力になれないとは限りません。

転職エージェントは、あなたの価値をより高く売ることに長けています。

面接対策もしてくれますので、是非利用してみてください!

また、転職の面接については、「転職の面接で落ちるのはなぜ?10個の対策で面接を有利にしよう」で詳しくご紹介していますので、是非こちらもご覧くださいね。

13.面接の自由質問は何を聞けばいい?

筆者
面接の自由質問は何を聞けばいいですか?

人事
これは本当に自由です。
気になることがあれば何でも聞いてください。

ただ、やらないほうがいいのが、事細かな質問を数多くすること

これをしてしまうと、入社後面倒くさいことになると勘ぐられます。

たくさん質問をすることで、「たくさん質問のできる良い人!」とはならないので、本当に知りたい質問に留めるべきですね。

どうでもいいことを数多く聞くことはやめましょう。

逆に、したほうがいいのは、自分にとって譲れないポイントに関する質問

もしこれが嘘だったら絶対に入らない!というようなポイントがあれば、自由質問の場で解決しておきましょう。

また、自由質問までの間に採用担当者側から給与に関する話がなければ、その場で給与について確認しておくといいかもしれません。

内定が決まってからの給与交渉は難しいので、給与交渉をしようと考えている場合は選考中に行うのがベストですよ。

14.派遣から正社員になれる?

筆者
派遣から正社員になれますか?

人事
なれる場合となれない場合があります。

初めから正社員になれないことが決まっている派遣もあります。

例外的に、抜きん出た優秀さを発揮した派遣が、派遣を正社員で取る予定のなかった企業側に見初められて、予定になかった正社員化を果たした実例もありますが、かなりのレアケースです。

それとは別に、「紹介予定派遣」といって、派遣社員としてある程度の期間実際に働いて、企業側が採用したいと思えば正社員になれるという種類の派遣もあります。

ハタラクティブのように、正社員未経験(フリーターや派遣)からの正社員就職サポートに特化した転職エージェントもありますので、まずは登録して相談してみるといいですよ。

ハタラクティブ公式サイト

15.ハローワークってどうなの?

筆者
実際、ハローワークってどうなんですか?

人事
業種や職種によって様々なので、なんとも言えません。

ハローワークは掲載無料ということもあり、本当に幅広い企業が掲載されています。

職場環境や労働条件が劣悪な企業も数多く掲載されているのも確かです。

ただ、優良企業ももちろんありますし、ハローワークにしか掲載がない企業もあります。

しかし、やはり転職サイトや転職エージェントを利用する人が多いです。

リクナビNEXTなどの転職サイトに掲載されている企業は、わざわざ掲載料を払って有料で掲載しているため、ある程度潤っている企業が多いのが事実です。

16.転職フェアは行ったほうがいい?

筆者
転職フェアは行ったほうがいいですか?

人事
個人的には、不要と思います。

転職フェアに参加している企業の多くは大企業。

大企業は、上司の命令か転職フェア主催会社とのお付き合い、またはブラック企業が多く、毎回同じような企業が出展しています。

しかしそんな中、中小企業が出展していたら、かなり本気です!

高額な出展料を出してまで人員を募集しているわけですから。

なので、中小企業に興味がある方は一度行ってみてもいいかもしれません。

17.転職サイトや転職エージェント以外での転職方法は?

筆者
転職サイトや転職エージェント以外での転職方法はありますか?

人事
「ご縁」や「独立」ですかね。

転職サイトや転職エージェントを利用しない方法の一つとして、親類縁者、友人、取引先、営業先の会社などの紹介(いわゆるコネ)が挙げられます。

もし知り合いに自分の能力を買ってもらえそうであれば、頼ってみるのもアリだと思います。

他には、「独立」という手も。

みなさんご存知の「ココイチ」こと「カレーハウスCoCo壱番屋」には、「ブルームシステム」と呼ばれる独立支援制度があります。

この制度により、これまでに約700人の経営者が誕生しており、そのうち約65%は異業種からの転職組です。

正社員として壱番屋に入社することが前提ですが、最短2年で独立できるようです。

このように、独立を支援してくれる企業もありますので、興味があれば調べてみてくださいね。

18.転職したけど元の会社に戻りたい…

筆者
転職したけど元の会社に戻りたいです…

人事
新天地を探したほうがいいのでは…?

そもそも、事前の準備不足です。

辞めた後に元鞘ができるかは、円満退社だったかどうかや元の会社で戦力だったかなどが深く関係してきます。

しかし、以前の関係に戻れるかは未知数。

一度その会社を辞めている以上、立場的に下に見られる可能性も十分にあります。

新天地を探したほうがいいのではないでしょうか。

ただし、転職をする際に応援してくれた、戻れる関係性である、など特別な事情があれば話は別です。

19.おすすめの転職サイト、転職エージェントは?

筆者
おすすめの転職サイト、転職エージェントを教えてください!

人事
「リクルートエージェント」ですね。
ただし、リクルートエージェントを含めて3社~5社に登録するのが鉄則です。
1社の1担当者に頼りきるのは危険です。

最大手というのは本当に強いです。

企業側はリクルートに対しての信頼度が高いため、企業の転職情報をリクルートに寄せます。

その結果として、リクルートが転職希望者に提供できる情報が良質なものとなるのです。

リクルートエージェント公式サイト

また、エージェントを利用する場合は、リクルートエージェントだけでなく複数の転職エージェントに登録しましょう

当然のことですが、エージェントの登録が多ければ多いほど転職先の選択の幅が広がります。

担当者によって紹介してくれる求人も異なりますので、複数のエージェントに登録してくださいね。

20.本当に失敗しない…?

筆者
本当に失敗しないでしょうか…?心配です。

人事
何事においてもリスクがゼロなんてことはありません。
リスクを減らせるように頑張ってください!

失敗しないかどうかは、あなたの行動次第です。

絶対失敗しないと保証することはできませんが、失敗リスクを減らす方法はあるので、そこに力を入れることが重要です。

後悔することのないように、頑張ってください!

まとめ:自分の商品価値を知ることが大事!

「商品価値としての高まり」

転職ではこれが重要です。

どんなことを任されて、どんな経験をして、どんな知識を持っていて、どんな結果を出してきたのか。

現在の就職先で、その部分の積み重ねがされるごとに、自分の商品価値が上がっていきます。

そしてそれを数値化できるのが、転職エージェント

リアルでシビアですが、自分の商品価値がわかることで自分自身のステップアップにもつながります。

転職を少しでも考えている場合、転職エージェントには必ず登録しておくべきです。

転職する気がない人でも、自分の価値を知りたいと思い転職エージェントに登録している人も少なくありません。

また、自分でインターネットなどで調べるには限界がある企業情報についても、転職エージェントが提供もしてくれるため、効率よく多くの情報を仕入れることができます。

転職エージェントについてざっとまとめてみると…

  • 「無料」で利用することができる
  • 自分が忙しくても問題ない(担当者が求人の応募や面接の日程調整などを行ってくれる)
  • 自分の良い部分を引き出してくれる
  • 履歴書・職務経歴書などの提出書類の添削や面接対策などの転職サポート
  • 年収アップの可能性が高まる
  • 紹介された求人に必ず応募する必要はない
  • 最終的に転職するかどうかも自由

そうです、転職エージェントにはメリットがたくさんあるんです。

悩む必要は何一つありません。

こんなに便利なものを使わない手はありません。

面倒くさがらず登録しましょう。

転職エージェントをうまく活用して自分のスタイルに合った新しい職場を見つけ、転職を成功させてくださいね。

「転職エージェントのおすすめ比較は意味がない!失敗しない転職エージェントの選び方をご紹介」も、是非参考にしてみてください。

おすすめ転職エージェント紹介

リクルートエージェント

最大手の総合転職エージェントであるリクルートエージェント

「19.おすすめの転職サイト、転職エージェントは?」の項目でもご紹介したとおり、転職を少しでも考えているなら「リクルートエージェント」には必ず登録しましょう。

最大手というだけあって、求人数・非公開求人数が多く、大企業とのパイプも太いです。

リクルートエージェントの特長

  • 業界最大級の非公開求人
  • 約90%が非公開求人で10万件以上の求人があります。

  • 実績豊富なアドバイザー
  • それぞれの業界に精通したアドバイザーが、あなたの希望に沿った求人を紹介してくれます。

  • 充実した転職サポート
  • 書類の添削や面接対策、企業情報の提供など、サポートが充実しています。

リクルートエージェント公式サイト

また、空き時間に自分でも職探しができる「リクナビNEXT」も登録しておくことをオススメします。

「スカウト機能」があるので、匿名登録しておけば企業からのオファーを待つこともできます。

リクナビNEXT新規会員登録

就職Shop

就職Shopは、リクルートが運営する若者向けの就職・転職サービス

リクルートが運営しているという安心感や信頼感が大きく、利用者は9.7万人を突破しています。

就職Shopの大きな特長は、「書類選考なし」で面接からスタートできることです。

あなたの強みをアピールし、人間性をしっかり見てもらいましょう。

利用者の9割は20代で、新卒・第二新卒のほかに、早期離職からリベンジしたい!という方もOKです。

店舗は東京・千葉・埼玉・神奈川・大阪・京都・神戸にあり、すべての店舗が駅から近いというメリットもあります。

就職Shopの特長

  • 書類選考なし
  • 書類選考なしで「面接」からスタートできます。

  • 未経験から正社員になれる
  • 就職成功者の4人に3人が正社員未経験です。

  • 全ての求人が訪問取材済み
  • 担当者が直接企業に訪問し、業務内容や職場の雰囲気などの情報を集めています。

就職Shop公式サイト

DODA(デューダ)

DODAは、年間18,000人以上の転職成功をサポートしている総合転職エージェント

キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当のプロ2人が、あなたを徹底サポートしてくれます。

企業側からオファーが届く「スカウトサービス」や、年収査定、合格診断など、サービスも充実していますよ。

リクルートエージェントに並ぶ大手総合転職エージェントなので、チェックしておきましょう。

DODA(デューダ)の特長

  • スカウトサービス
  • 企業からオファーが届くサービス。書類選考がなく、必ず面接を受けられるオファーもあります。

  • 2人の担当者が徹底サポート
  • キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当のプロ2人体制であなたをサポートします。

  • 転職に役立つサービスが豊富
  • 年収査定やキャリアタイプ診断、合格診断など転職に役立つサービスが多数あります。

DODA公式サイト

パソナキャリア

パソナキャリアは、退職交渉のフォローや入社日の調整など、内定後のサポートも行ってくれるエージェント

女性のキャリア形成をサポートする体制が整っており、女性の転職にも強いです。

また、専任のキャリアアドバイザーの質が高く、利用者からの評判がとても良いです。

あたなの希望条件や強みを理解したうえで、最適な求人を紹介してくれますよ。

パソナキャリアの特長

  • 求人件数が多い
  • 25,000件以上の求人があります。

  • 取引実績企業
  • 取引実績は16,000社以上。常に多くの求人が寄せられています。

  • スカウトサービス
  • 名前や連絡先などの必須項目を登録するだけで希望・経歴に合う求人を紹介してくれます。

パソナキャリア公式サイト

ワークポート

ワークポートは、30万人の利用実績があるエンジニア向けの転職エージェント

保有する求人の約半数がIT関連の職種です。

人材が不足になりがちなIT業界は、未経験OKの求人も多く、ワークポートにはそのような求人がたくさん寄せられています。

IT業界やゲーム業界に少しでも興味がある方は、登録するといいですよ。

ワークポートの特長

  • 転職決定人数No.1
  • リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING~2017年度上半期~』で転職決定人数第1位を受賞。

  • 転職をサポートするオリジナルツール
  • 転職活動中の進捗が一目でわかる「e コンシェル」や面談予約システム・面談事前入力ツールがあります。

  • 充実した転職サポート
  • 面接・書類作成アドバイスや面接対策を受けたり、スピード証明写真を無料で利用できたりします。

ワークポート公式サイト

ハタラクティブ

ハタラクティブは、正社員未経験(フリーターや派遣)からの正社員就職サポートに特化した転職エージェント

第二新卒はもちろん、フリーターや派遣社員からの正社員採用を目指している方もOK!

社会人未経験者の就職や転職を積極的に支援してくれる珍しいエージェントです。

ヒアリングであなたの性格や好みを把握してくれるので、やりたい事がわからない人でも適職が見つかりますよ。

ハタラクティブの特長

  • 若年層に特化した転職支援サポート
  • 社会人経験ゼロでもOK!未経験歓迎の求人が常時1,500件以上あります。

  • アドバイザーがマンツーマンで対応
  • カウンセリングの実績は6万人以上。内定率は80.4%。

  • 厚労省の事業受託実績有
  • 「若者キャリア応援制度」受託事業者として認定(2014年度〜2016年度)。

ハタラクティブ公式サイト

type転職エージェント

typeの人材紹介

type転職エージェントは、非公開求人が多く、利用者の満足度が高いエージェントです。

実際に71%の人が年収アップに成功しています。

ただし、転職支援を受けられるのは関東の一部(東京、神奈川、埼玉、千葉)の求人のみ

これらの地域の転職を検討している方は登録必須です。

type転職エージェントの特長

  • 関東に特化
  • 東京、神奈川、埼玉、千葉の転職を支援。

  • 利用者の満足度が高い
  • リクナビNEXTのエージェントランキング「総合満足度第2位」を受賞。

  • 充実した転職サポート
  • 求人への応募や面接日程の調整などはキャリアアドバイザーが行ってくれます。

type転職エージェント公式サイト

関連記事

働く理由とは一体何だろう。お金?やりがい?仕事に楽しさを見出すにはどうしたらいいのか
「なぜ働いているんだろう…?」と思ったことはありませんか?そう思った方は必見です!働く理由についてご紹介します。
転職で年収アップをする方法は?給与交渉のタイミングや転職のポイントをまとめたよ
年収を上げるために転職しようと考えている方必見!転職で年収アップする方法を、転職のパターン別にまとめました!
「グッドポイント診断」で自分の長所を無料診断しよう!診断結果は全8568通り【リクナビNEXT】
無料の「グッドポイント診断」は当たる!自分の強みや性格を再確認・新発見できる良い機会ですよ。
失敗しない転職のために20の質問を人事にインタビューしたよ!転職初心者は必見!
転職初心者必見!転職の悩みや疑問を人事担当者に直接インタビューしました!転職活動を始める前に知っておくといいことが盛りだくさんですよ。
転職サイトでリクナビNEXTをおすすめする5つの理由!評判や口コミもご紹介!
転職サイトで「リクナビNEXT」をおすすめする5つの理由をご紹介します。まだ登録していない方、実は損しているかもしれません…!
社会人一年目にやるべきことは?ポイントを押さえて良いスタートダッシュを切ろう
社会人一年目にやるべきことは?ポイントとなる行動を押さえて、良いスタートダッシュを切りましょう!
自分に合う職業(仕事)が分からない…!適職を見つけるおすすめの方法
「自分に合う職業が分からない…」そんな方は必見です!適職を見つけるおすすめの方法をご紹介します。
年収を上げる8つの方法!年収アップの秘訣や具体的な方法をご紹介
年収を上げる方法!具体的な8つの方法、年収アップの秘訣などをご紹介します。年収を増やしたい方は必見の内容です!
会社を辞めたい新入社員必見!10個の辞める理由と辞めたその後の傾向特集
みなさんは、「仕事を辞めたい!」と思ったことはありますか?今回は、10個の辞める理由と辞めた後の傾向をまとめてみました。
転職エージェントのおすすめ比較は意味がない!失敗しない転職エージェントの選び方をご紹介
おすすめの転職エージェントなんてない!?失敗しない転職エージェントの選び方をご紹介します。

関連記事一覧はこちら

トップへ